俺のツバ!season2

バイク、クルマ、バンド、その他日常

レース

TC1000をカブで走った話し

オートボーイ主催のレース&走行会に行ってきました クラスはUnder90 90cc迄のアンダーボーン車、つまりカブ等のビジネスバイクのクラス 前週が箱根だった事もあって行く予定無かったんですけど、とある人から誘われたのもあって関東のカブシーンを盛り上げ…

ルーツザ原チャリに出た話し2(後編)

前回の続き 夜も老けて風も強いし、雨予報のせいだと思いますが前泊組が少なく、そろそろ寝ようかなと異色のオーラを放つ私の隣りに1台の軽バンが「隣りいいっすか?」と登場 関東より単身乗り込みおじさん的には初対面ですが心強い仲間の登場です しかもカ…

ルーツザ原チャリに出た話し2(前編)

昨年の9月に出たルーツザ原チャリ https://orenotuba.hatenablog.com/entry/2020/10/13/072153 今年も出ようって事になりましてね なんなら今回が本番 このレースのためにカブをレストアしました 購入直後 完成系 エントリーしたのはミッションクラスで 1番…

カブカップに出た話し

ひょんな事から誘われて出る事になったCUB CUP おそらく東側で唯一行われてるカブ(ビジネスバイク)のレースだと思います 天気にも恵まれて楽しかったですね ちなみに出たチームはほぼ初対面でしたが、仲良く盛り上がる事が出来ました マシンも用意して頂き…

ドレンボルトの話し

ドレンボルトをワイヤーロックするのにボルトへの穴あけは手持ちドリルだと真っ直ぐ開けるの結構難しくて、やっぱり穴が空いてる社外ドレンボルトを用意するのが楽かなって思います 結局は純正のドレンに手持ちドリルで穴開けたんですが、クラッチ側のケース…

カブ2号機の整備とか

サーキットで簡易サイドスタンドで停めてたららオイルも暖まってた事もあるんだろうけどジェネレーター側からある滲み、ってかオイル漏れ 公道だったらあまり気にしないレベルなんだけど、サーキット仕様な事もあり、一応パッキン変えとこうかなと ポッシュ…

カブ2号機(レストアの続き5)

発注したから当たり前なんですけど、部品が届きまくって一念発起して日曜日の早朝から作業 夏は暑くて休んでたし、冬は寒いとか思ってたら前に進まないから気合いれました 真冬は流石に厳しそうなので、今ならまだ我慢出来そうですしね 今年もあと半月ぐらい…

タイヤ交換台を作った話し

餅は餅屋で、タイヤはタイヤ屋でをモットーに生きてきましたが、それはチューブレスの話しでした。 チューブレスはビードが硬いし出すのが大変だからホイールを傷つける前に専門店でやってもらうのが正解だと思ってます。 とは言え、コンプレッサーがあった…

GT61への想い

GRAND TERN 61 ナカヤマバイクラジオというPodcast番組(ネットラジオ)のイベントなんです わからない人のためにリンクを貼って先に進みます ナカヤマバイクラジオ http://nybr.carrotorange.net/wordpress/ Podcastのイベントと言ったらトークショーや呑み…

カブ2号機(レストアの続き4)

やっと塗装へ 格安で買ったカブをレストアしようとバラしたまでは良かったんだけど、リヤフェンダー内に塗られた謎のコーティング剥がしに手間取り心が折れて半年。 やっと塗装まで来ました。 謎のコーティング なんの意味があるのか分からないけど、セコセ…

東海道中膝栗毛

今年も行ってきましたGT61 Podcast番組のナカヤマバイクラジオが企画する競艇風ダートトラックレース http://nybr.carrotorange.net/wordpress/ なぜか毎年出てるわけですが、今回は6回目の開催 しかも関西圏 最初の頃は弾丸ツアーで行ってましたが、年を重…

ルーツ・ザ・原チャリに出た話し

30年ほど前から雑誌などで目にしてたレースで存在は知っていたが、関西ローカルの草レース的な事で生まれも育ちも関東僻地マンには縁もないだろうと思っていた 時は令和2年 どうゆう経緯か曖昧だが出る事になってしまったのである いや、この書き方だと嫌々…

サインボードを作った話し

話しの流れでルーツザ原チャリという関西の草レースに出る事になった 20数年前からよく目にしたレースで歴史がある 関西圏だから出る事は無いだろうと思っていたのだが、これまたインターネットにやられた このブログはインターネットの恐ろしさを伝える事が…

成田夏祭り2020

成田MXパークで毎年行われるらしい成田夏祭りに参加してきました 今年で4.5回目(?)らしいのですが、初めて成田MXパークを走った時はまさか自分がオフロードのレースに参加するとは思って無かったので「こんなレースあるんだ」程度に脳の片隅に追いやって…